論文・会議発表

2017年度

  • 新井庭子, 分寺杏介, 松崎拓也, 影浦峡「テキスト読解の困難さに関する定量的分析―小・中学校の理科教科書を事例として」人文科学とコンピュータ研究会, 2017年
  • 宮本愛「戦前における公共図書館の女性利用者―1930 年代東京市立図書館を中心に―」日本図書館情報学会誌, 63(4):211-225, 2017年
  • Shohei Yamada, “The Conceptual Correspondence between the Encyclopaedia and Wikipedia”, Journal of Japan Society of Library and Information Science, 63(4):181-195, 2017
  • 朱心茹, 山田翔平, 影浦峡「発達性ディスレクシアに特化した和文書体の要件定義と作成」第17回発達性ディスレクシア研究会, 2017年7月2日
  • 新井庭子「テキストの読みを困難にする特徴の計量分析―小・中理科教科書を対象として―」計量国語学会, 31(2):144-159, 2017年9月
  • Linyuan Tang, Kyo Kageura, “‘Fighting’ or ‘Conflict’? An Approach to Revealing Concepts of Terms in Political Discourse,” Natural Language Processing meets Journalism (NLPJ2017) in EMNLP Workshops, September 2017
  • Xinru Zhu, Shohei Yamada, Kyo Kageura, “Creation of a Japanese Typeface Designed for Readers with Dyslexia,” 9th Asia Library and Information Research Group (ALIRG) Workshop, November 2017
  • Shuntaro Yada, Kazushi Ikeda, Keiichiro Hoashi, Kyo Kageura, “A Bootstrap Method for Automatic Rule Acquisition on Emotion Cause Extraction,” Sentiment Elicitation from Natural Text for Information Retrieval and Extraction (SENTIRE2017) in IEEE ICDM Workshops, November 2017
  • Shuntaro Yada, Kyo Kageura, “Measuring Discourse Scale of Tweet Sequences: A Case Study of Japanese Twitter Accounts,” The 19th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL2017), November 2017
  • Xinru Zhu, Shohei Yamada, Kyo Kageura, “A Preliminary Experiment on Japanese Typefaces Designed for Readers with Dyslexia,” Association for Reading and Writing in Asia (ARWA) Annual Conference, February 2018
  • 唐麟源, 影浦峡「判決文における犯罪事実に基づいた罪名推定」言語処理学会第24回年次大会, 2018年3月14日
  • 渡邊晃一朗, 矢田竣太郎, 影浦峡「論文において外部の資料を引用・参照している文の分類」言語処理学会第24回年次大会, 2018年3月14日
  • 山田翔平「大学図書館の蔵書を分析した研究の現状と課題」生涯学習基盤経営研究, 42: 39–49, 2018
  • 河村俊太郎, 山田翔平「日本の公立図書館の特性と地域への愛着や読書冊数との関係について」 愛知淑徳大学論集.人間情報学部篇, 8, 2018

2016年度

  • Rei Miyata, Anthony Hartley, Cécile Paris, Kyo Kageura, “Evaluating and Implementing a Controlled Language Checker,” 6th International Workshop on Controlled Language Applications (CLAW 2016), May 2016
  • 矢田竣太郎, 影浦峡「図書に言及するツイートの抽出: 素性・データ量・手法の効果に関する考察」電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会 (NLC), 2016年6月5日
  • Miki Iwai, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura, “Cross-lingual Structural Correspondence between Terminologies: The Case of English and Japanese,” 12th International Confenrence on Terminology and Knowledge Engineering, June 2016
  • 朱心茹「発達性ディスレクシアに特化した欧文書体の特徴」情報処理学会 第135回コンピュータと教育研究会, 2016年7月
  • 唐麟源「国会における首相発言の形式的特徴の分析」社会言語科学会, 2016年9月
  • Xinru Zhu, “Characteristics of a Japanese Typeface for Dyslexic Readers,” Japanese Association for Digital Humanities Conference, September 2016
  • 高橋恵美子「学校図書館職員問題検討会報告書,作成経過と内容」日本図書館協会図書館大会第3分科会学校図書館, 2016年10月
  • Ruri Shimura, Shohei Yamada, Shin’ich Toda, Bin Umino, Kyo Kageura, “The Structural Characteristics of the Japanese Paperback Book Series Shinsho,” 7th International Conference on Asia-Pacific Library and Information Education and Practice, November 2016
  • Shohei Yamada, Ruri Shimura, Bin Umino, Shin’ichi Toda and Kyo kageura, “Physico-symbolic characteristics of the Japanese paperback book series Shinsho: A descriptive study,” 7th International conference on Asia-Pacific Library and Information Education and Practice, November 2016
  • 宮田玲「制限オーサリングと機械翻訳」名古屋地区NLPセミナー, 2016年11月29日(招待講演)
  • Miki Iwai, Koichi Takeuchi, Kazuya Ishibashi and Kyo Kageura “A method of augmenting bilingual terminology by taking advantage of the conceptual systematicity of terminologies,” 5th International Workshop on Computational Terminology (CompuTerm 2016), December 2016
  • Rei Miyata, Kyo Kageura, “Constructing and Evaluating Controlled Bilingual Terminologies,” 5th International Workshop on Computational Terminology (CompuTerm 2016), December 2016
  • Shuntaro Yada and Kyo Kageura, “Improved Identification of Tweets that Mention Books: Selection of Effective Features,” 18th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL2016), December 2016
  • Rei Miyata, Anthony Hartley, Kyo Kageura, Cécile Paris, Masao Utiyama, Eiichiro Sumita, “MuTUAL: A Controlled Authoring Support System Enabling Contextual Machine Translation,” 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016), system demonstrations, December 2016
  • 宮田玲「制限言語とオーサリング支援システム:機械翻訳を活用した文書の多言語展開に向けて」第8回産業日本語研究会・シンポジウム, 2017年3月8日(招待講演)
  • 宮田玲, Anthony Hartley, 影浦峡, Cécile Paris「制限言語執筆支援システムのユーザビリティ評価」言語処理学会第23回年次大会, 2017年3月
  • 矢田竣太郎, 岩井美樹, 影浦峡「日本語書籍タイトルの形式的構造の分析」言語処理学会第23回年次大会, 2017年3月15日
  • 高橋恵美子「国立国会図書館レファレンス協同データベースと学校図書館」「法政大学資格課程年報」法政大学キャリアデザイン学部資格課程委員会, 2017年

2015年度

  • Shohei Yamada, Ruri Shimura, Shin’ich Toda, Bin Umino, Kyo Kageura, “A descriptive study of physic-symbolic traits of Japanese bestsellers since WWII,”  6th International Conference on Asia-Pacific Library and Information Education and Practice
  • Miki Iwai, Takashi Ninomiya, Kyo Kageura, “Acquiring distributed representations for verb-object pairs by using word2vec,” The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation
  • 高橋恵美子『図書館政策資料ⅩⅤ 学校図書館関係資料集2』(日本図書館協会 2015.7) (編集及び一部執筆)
  • 高橋恵美子「1997年から2015年までの学校司書の職務内容の変化―文部省・文部科学省の見解及び会議報告と学校図書館現場の実態から―」生涯学習基盤経営研究
  • 高橋恵美子「この10年を中心に全国からみた神奈川の研究会」神奈川県学校図書館員研究会夏期研究会
  • 高橋恵美子「学校図書館を知る&高校の図書館」出版労連第42回出版研究集会分科会
  • 高橋恵美子「学校図書館と図書館の自由を振り返る」第101回日本図書館協会全国図書館大会第5分科会学校図書館
  • 高橋恵美子「学校図書館とメディア・リテラシー教育」アジア太平洋メディア情報リテラシー教育センター第13回MIL研究会
  • Rei Miyata, Anthony Hartley, Kyo Kageura, Cécile Paris (担当:分担執筆, 範囲: ‘Garbage let’s take away’: Producing understandable and translatable government documents: A case study from Japan) Social Media for Government Services, Springer
  • Rei Miyata, Anthony Hartley, Cécile Paris, Midori Tatsumi, Kyo Kageura, “Japanese controlled language rules to improve machine translatability of municipal documents,” Machine Translation Summit 2015
  • Rei Miyata, Masao Utiyama, Anthony Hartley, Cécile Paris, Kyo Kageura, Eiichiro Sumita, “MuTUAL: An authoring support system for municipal text multilingualisation,” Machine Translation Summit 2015: Technology Showcase (demonstration)
  • 吉元涼介, 瀧澤啓太, 宮田玲, 芳鐘冬樹, 鈴木崇史「六法全書の参照条文を用いたネットワーク構造の分析:日本国憲法を対象として」第63回日本図書館情報学会研究大会
  • 宮田玲, 藤田篤「機械翻訳向け前編集に有効な書き換えルールに関する調査」NLP若手の会(YANS)第10回シンポジウム
  • Iris Vogel, Ray Miyata, Ulrich Apel, Ryo Murayama, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura, Ryoko Adachi and Wolfgang Fanderl, “Die flexible Suche nach Varianten von Kollokationen mittels einer Online-Platform,” 16. Deutschsprachigen Japanologentages
  • 宮田玲「文書構造を考慮したMTの活用方法」第3回翻訳通訳テクノロジー研究プロジェクト会合
  • 宮田玲, 浅石卓真, 矢田竣太郎「教科・単元に関連した図書を自動収集する試み:中学社会地理的分野を対象として」日本図書館情報学会2015年度春季研究集会
  • Shuntaro Yada, Kyo Kageura, “Identification of tweets that mention books: An Experimental Comparison of machine learning Methods,” 17th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries
  • 矢田 竣太郎, 影浦 峡「図書に言及するツイートのクラスタリング分析による類型化」言語理解とコミュニケーション研究会(電子情報通信学会)

2014年度以前

お手数ですが,メンバー個人サイトの業績欄をご参照ください。