在籍者の研究テーマ

→現在所属する研究室メンバーの一覧はこちらです。


高橋 恵美子 (TAKAHASHI, Emiko)

テーマ

1950年代以降の学校司書の実践の歴史及び2014年学校図書館法改正(学校司書をはじめて明記した)に至る要因など

概要

学校司書は、1950年代から法律に記載されている司書教諭より多く存在し、学校図書館の運営を実質的に支えていた。にもかかわらず司書教諭に比べ、実際に学校司書の果たしてきた役割や実践の蓄積に関する研究は、あまり見受けられない。学校司書の果たしてきた役割及び実践の歴史を明らかにする。

近年、文部科学省の調査研究協力者会議が学校司書を扱うようになり、2014年の学校図書館法改正では学校司書が法律に明記されることになった。文部省・文部科学省の学校司書に関する認識の変化を明らかにし、法改正に至る要因を分析する。

朱 心茹 (ZHU, Xinru)

テーマ

発達性ディスレクシアに特化した読みやすい和文書体の研究

概要

文字情報のかたち、とりわけ視覚的なデザインが私たちの暮らす世界において果たす役割に関心を持っています。

現在主に取り組んでいるテーマは、「発達性ディスレクシアに特化した読みやすい和文書体の研究」です。この研究は、文字のデザインである書体が持つ「読みやすさ」に関する機能に着目したものです。最終的な目的は、発達性ディスレクシアという学習困難を持つ読者にとって読みやすい書体を作成することと、書体をある一定の範囲内で自身にとって読みやすい形に改変することができるカスタマイズシステムを開発することです。

その結果として、発達性ディスレクシアを持つ読者を含む多くの人々にとっての読みの困難が軽減されることが期待されます。また、発達性ディスレクシアの視覚的な症状の類型化など、神経心理学の基礎的研究にも貢献することが想定されます。

唐 麟源 (TANG, Linyuan)

テーマ

言語運用の適切性を判定する手法の開発

韓 尚珉 (HAN, Sangmin)

テーマ

日本語ウェブ文書に対する日本語非母語者の読み理解のためのドキュメント・デザインに関する研究(Multilingual document design)

概要

情報がテキストとして共有される際には目的と伝達メディアの特性によって内容と形式が編成される。そして、内容と形式がどのように構成されて表現されているかは読み手の読みプロセスに影響を与える。

本研究では、ウェブ・ドキュメントを主な対象として、日本語非母語話者の読み手が日常生活の中で日本語でウェブ文書(web document)を読むときに、文書のデザインが読みプロセスと内容の理解にいかなる影響を及ぼすのかに関して探索していく。現在には、実際に使われているウェブ文書(自治体の手続きに関するウェブ文書)を用いてドキュメント・デザインの観点から分析および分類をしつつ、読み手が与えられたタスクのためにこれらの文書をどのように読んで利用するかを明らかにするためにアイトラッキング(eye-tracking)及びユーザービリティ・テスティング(usability testing)の方法を使用する実証的な研究を行なっている。

次のステップでは、その結果に基づいて適切にデザインしたウェブ文書を作成し、再び実証的な研究を通して、ウェブ文書デザインと日本語非母語話者の読み理解の相関関係を明らかにしたいと考えている。

王一凡 (WANG,Yifan)

テーマ

慧琳撰一切経音義・希麟撰続一切経音義における異体字と字形

概要

仏典音義書(辞典)である慧琳撰『一切経音義』および希麟撰『続一切経音義』は、中原で成立した文献でありながら歴史的な事情により近代に至るまで中国の外でのみ伝承されてきた文献です。そのため本文が後世の標準化を経ることがなく、異体字が豊富で、唐代の写本に基づく用字のあり方を色濃く残していると考えられています。一方で、幅広い地域と時代を転々とする間で、覆刻のたびに当時の人々の漢字に対する解釈が入り込み、次第に形を変えて伝わる字もあります。

研究では、これらの伝本の画像を元に字形を網羅的に比較することで、字形に対する認識の差異と傾向を実証的に明らかにすることを目的とします。それにより、用字の規範性と慣習性の実態をとらえ、「文字の学問」の確立に寄与したいと考えています。

名倉 早都季 (NAGURA, Satsuki)

テーマ

説明とは何か−「何故」という理由を「説明」する構成要素とその編成について−

概要

言葉を論理的に構成するということとは何か、またそれを、背景の異なる他者とコミュニケーションをとるための技術として、公教育の中でどのように伝えていくことができるのか、に関心があります。

2008年から文部科学省が提唱している「言語活動の充実」をうけ、教育学分野の中では近年「説明力」の必要性が叫ばれてきました。また、「説明力」をつけるための授業実践も多く報告されています。しかし、そもそも説明とは一体何でしょうか。どんな構成要素を持ち、何から始め、何が果たされたら、説明とみなされるのでしょうか。説明力をつける授業実践、またその効果についての研究知見がある一方で、そうした議論を可能にするような、「説明とは何か」を問う研究は多くありません。

そこで現在は、一般に説明と認識されている、大学入試問題とその解答・解説を用い、構成要素とその編成の観察を通じて、そもそも「説明とは何か」を明らかにする研究を行っています。

渡邉 晃一朗 (WATANABE, Koichiro)

テーマ

外部の資料の引用・参照について

概要

物理的な世界からある意味では独立している言語が構築する世界において、外部の資料の引用・参照は現実に存在するものを対象に行うという意味で、言語が構築する世界を、その外側から支える行為であると言えます。では、そのような支えはいつ必要とされているのか/されるべきなのか、そしてどのようになされているのか/なされるべきなのか、という問に対して、技術的には機械学習を探索的データ分析のためのツールとしても使いつつ研究を進めています。引用・参照という行為が具体的にどのようなものかはまだ明らかではないため、それを意識的に認識できるような形にすることで、引用・参照という行為を理解することの足掛かりにします。


→過去の在籍者と研究テーマはこちら