翻訳関係研究会

【日時】 2019年12月1日(日) 15:00~18:00
【場所】 東京大学教育学部第一会議室(本郷キャンパス)
【プログラム】
15:00~16:20 発表および質疑応答 影浦峡「機械翻訳/多言語処理における専門用語の扱いと専門翻訳」
16:20~16:30 休憩
16:30~18:00 講演および質疑応答 高岡詠子氏「『医療用多言語情報提供システムSoCHAS』の開発と今後の展望」
【定員】40名
【出席のご連絡・お問い合わせ】北代美和子(kanto@jais-org.net)までお願いいたします。

オープンセミナー「翻訳と機械翻訳」

日時:2019年10月28日(月)15:00-16:30
場所:東京大学本郷キャンパス教育学研究科159教室

講演者:早川 威士氏(株式会社アスカコーポレーション)
演題:「翻訳産業の現場におけるMT品質の見極め方」
概要:本発表では、産業翻訳現場における、機械翻訳(MT)の活用を見据えた実践的なMT品質の見極め方とその方法を中心に論じる。まず、翻訳現場でMTをがどのように使用されているのかを共有する。そのあとで、実践で受けられるための品質とはどのようなものであり、そのためには、どのような基準と方法で評価するのが妥当なのかを考える。また、実際の翻訳プロセスにMTを組み込むためのアクター(クライアント、翻訳者、翻訳会社)の役割論も考える。

言語:日本語
入場:無料・事前登録不要

本セミナーは科学研究費補助金基盤研究(S)「翻訳規範とコンピテンスの可操作化を通した翻訳プロセス・モデルと統合環境の構築」の一環として行われるものです。