2016年度7月までの研究業績

本研究室の大学院学生による、2016年度7月までの研究業績を以下にまとめました。

  • 宮田玲, 藤田篤, 内山将夫, 隅田英一郎「機械翻訳向け前編集の事例収集と類型化」言語処理学会第22回年次大会, 2016年3月
  • Rei Miyata, Anthony Hartley, Cécile Paris, Kyo Kageura, “Evaluating and Implementing a Controlled Language Checker,” 6th International Workshop on Controlled Language Applications (CLAW 2016), May 2016
  • 矢田竣太郎, 影浦峡「図書に言及するツイートの抽出:素性・データ量・手法に関する考察」電子情報通信学会言語とコミュニケーション (NLC) 研究会, 2016年6月
  • Miki Iwai, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura, “Cross-lingual Structural Correspondence between Terminologies: The Case of English and Japanese,” 12th International Confenrence on Terminology and Knowledge Engineering, June 2016
  • 朱心茹「ディスレクシアに特化した欧文書体の特徴」情報処理学会コンピュータと教育研究会, 2016年7月

2015年度の研究業績は、論文・会議発表をご覧ください。

言語処理学会若手奨励賞 受賞

2016年3月9日、言語処理学会第22回年次大会で関西外国語大学の豊島知穂氏が若手奨励賞を受賞しました。研究発表タイトルは「翻訳教育での利用を意識した翻訳エラー分類体系の再構築」。共同研究者は田辺希久子教授(神戸女学院大学)、藤田篤博士(NICT)と影浦です。この研究は、影浦が研究代表者を務める科学研究費基盤(A)「翻訳知のアーカイヴ化を利用した協調・学習促進型翻訳支援プラットフォームの構築」の一環として行われたものです。