2017年度の研究業績

本研究室に所属する大学院生の2017年度の研究業績は以下の通りです。

  • 新井庭子, 分寺杏介, 松崎拓也, 影浦峡「テキスト読解の困難さに関する定量的分析―小・中学校の理科教科書を事例として」人文科学とコンピュータ研究会, 2017年
  • 宮本愛「戦前における公共図書館の女性利用者―1930 年代東京市立図書館を中心に―」日本図書館情報学会誌, 63(4):211-225, 2017年
  • Shohei Yamada, “The Conceptual Correspondence between the Encyclopaedia and Wikipedia”, Journal of Japan Society of Library and Information Science, 63(4):181-195, 2017
  • 朱心茹, 山田翔平, 影浦峡「発達性ディスレクシアに特化した和文書体の要件定義と作成」第17回発達性ディスレクシア研究会, 2017年7月2日
  • 新井庭子「テキストの読みを困難にする特徴の計量分析―小・中理科教科書を対象として―」計量国語学会, 31(2):144-159, 2017年9月
  • Linyuan Tang, Kyo Kageura, “‘Fighting’ or ‘Conflict’? An Approach to Revealing Concepts of Terms in Political Discourse,” Natural Language Processing meets Journalism (NLPJ2017) in EMNLP Workshops, September 2017
  • Xinru Zhu, Shohei Yamada, Kyo Kageura, “Creation of a Japanese Typeface Designed for Readers with Dyslexia,” 9th Asia Library and Information Research Group (ALIRG) Workshop, November 2017
  • Shuntaro Yada, Kazushi Ikeda, Keiichiro Hoashi, Kyo Kageura, “A Bootstrap Method for Automatic Rule Acquisition on Emotion Cause Extraction,” Sentiment Elicitation from Natural Text for Information Retrieval and Extraction (SENTIRE2017) in IEEE ICDM Workshops, November 2017
  • Shuntaro Yada, Kyo Kageura, “Measuring Discourse Scale of Tweet Sequences: A Case Study of Japanese Twitter Accounts,” The 19th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL2017), November 2017
  • Xinru Zhu, Shohei Yamada, Kyo Kageura, “A Preliminary Experiment on Japanese Typefaces Designed for Readers with Dyslexia,” Association for Reading and Writing in Asia (ARWA) Annual Conference, February 2018
  • 唐麟源, 影浦峡「判決文における犯罪事実に基づいた罪名推定」言語処理学会第24回年次大会, 2018年3月14日
  • 渡邊晃一朗, 矢田竣太郎, 影浦峡「論文において外部の資料を引用・参照している文の分類」言語処理学会第24回年次大会, 2018年3月14日
  • 山田翔平「大学図書館の蔵書を分析した研究の現状と課題」生涯学習基盤経営研究, 42: 39–49, 2018
  • 河村俊太郎, 山田翔平「日本の公立図書館の特性と地域への愛着や読書冊数との関係について」 愛知淑徳大学論集.人間情報学部篇, 8, 2018

 

Posted in 業績報告.