2016年度7月までの研究業績

本研究室の大学院学生による、2016年度7月までの研究業績を以下にまとめました。

  • 宮田玲, 藤田篤, 内山将夫, 隅田英一郎「機械翻訳向け前編集の事例収集と類型化」言語処理学会第22回年次大会, 2016年3月
  • Rei Miyata, Anthony Hartley, Cécile Paris, Kyo Kageura, “Evaluating and Implementing a Controlled Language Checker,” 6th International Workshop on Controlled Language Applications (CLAW 2016), May 2016
  • 矢田竣太郎, 影浦峡「図書に言及するツイートの抽出:素性・データ量・手法に関する考察」電子情報通信学会言語とコミュニケーション (NLC) 研究会, 2016年6月
  • Miki Iwai, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura, “Cross-lingual Structural Correspondence between Terminologies: The Case of English and Japanese,” 12th International Confenrence on Terminology and Knowledge Engineering, June 2016
  • 朱心茹「ディスレクシアに特化した欧文書体の特徴」情報処理学会コンピュータと教育研究会, 2016年7月

2015年度の研究業績は、論文・会議発表をご覧ください。

Posted in 業績報告.