言語処理学会若手奨励賞 受賞

2016年3月9日、言語処理学会第22回年次大会で関西外国語大学の豊島知穂氏が若手奨励賞を受賞しました。研究発表タイトルは「翻訳教育での利用を意識した翻訳エラー分類体系の再構築」。共同研究者は田辺希久子教授(神戸女学院大学)、藤田篤博士(NICT)と影浦です。この研究は、影浦が研究代表者を務める科学研究費基盤(A)「翻訳知のアーカイヴ化を利用した協調・学習促進型翻訳支援プラットフォームの構築」の一環として行われたものです。

Posted in 業績報告.