宮田玲氏が2016年度東京大学総長賞を受賞しました

宮田玲氏が2016年度東京大学総長賞(学業部門)を受賞しました。受賞のテーマは「文書の多言語展開のためのオーサリング支援に関する研究」です。この研究は、技術・応用研究として機械翻訳系の学会で評価され、また産業界からも注目されているものですが、同時に、人間が言語を介して相互に理解するにあたりいわゆる言語学や言語処理が扱う辞書と文法規則に加え、書かれた言語表現とそのパッケージ化、その蓄積がどのような役割を担っているか、それに関する理論的な考察の上になされたものです。