MNHTT Workshop: Translation Education and Supporting Platform in East Asia

科学研究費補助金基盤(A)「翻訳知のアーカイヴ化を利用した協調・学習促進型翻訳支援プラットフォームの構築」(研究代表者:影浦峡)の一環として、MNHTT Workshop: Translation Education and Supporting Platform in East Asia を開催しました。

日時:2017年2月27日(月)-3月1日(水)

場所:立教大学池袋キャンパス14号館D601

内容:

2月27日:MNHTT紹介と日中韓における翻訳教育事情の共有

2月28日・3月1日:翻訳実験を通したMNHTTのユーザビリティ検証

初日は一般公開で、翻訳産業・関係コースを持つ大学の先生の参加もありました。教育事例紹介は、香港バプティスト大学のKwok Kan Gloria Lee先生、立教大学の武田珂代子先生・立見みどり先生、Fu Jen Catholic UniversityのCheng Shu Yang先生、神戸女学院大学の田辺希久子先生・NICT藤田篤先生、Guangdong University of Foreign StudiesのWang Huashu先生、梨花女子大学のJuriae Lee先生、関西大学の山田優先生から。

2日め・3日めは立教大学・関西大学の学部学生・大学院学生も参加し、翻訳実験を通してMNHTTシステムのユーザビリティ検証を行いました。